認知症のお困りごとに対応致します。
 
 
usr.reform.4/nav004.jpg-xsiz-75-ysiz-20-vtop
usr.reform.4/nav007.png-xsiz-27-ysiz-40-vtop-turnusr.reform.4/nav008.png-xsiz-27-ysiz-40-vtop-turnusr.reform.4/nav009.png-xsiz-27-ysiz-40-vtop-turn
 
 
 
オレンジチーム ロゴ
 
 
 
オレンジチーム 階層下キービジュアル
 

セルフ・ネグレクトに関する講演会のお知らせ

 対人援助のお仕事をしている皆さん、最近セルフ・ネグレクトの状態にある人に関わることが増えていませんか?
 セルフ・ネグレクトとは、「個人のあるいは環境の衛生を継続的に怠り、QOLを高めるために当然必要とされるサービスの一部またはすべてを繰り返し拒否して、明らかに危険な行為により自身が危険にさらされている状態」と言われています。
 セルフ・ネグレクトの人を対象に支援を行う場合、人との関りを拒絶したり、サービスに対する強い拒否等があって、支援が難しいのが現実ではないでしょうか。
 神戸在宅医療・介護推進財団では、自ら自治体の保健師として活動した経験からセルフ・ネグレクト、高齢者の孤立に対し効果的な介入・支援方法やその評価など実践的な研究を行っている岸恵美子氏(東邦大学看護学部長)の講演会を開催することにしました。
 セルフ・ネグレクトについて考える絶好の講演会ですので、みなさまの参加をお待ちしています。

{講演会}
講師写真
1 日 時  令和4年3月26日(土) 午後2時~4時
2 会 場  ラッセホール(中央区中山手通4丁目10)
3 定 員  200名先着順(参加費無料)
4 講 演  
 講師 岸恵美子氏(東邦大学看護学部長)
 演題 「地域包括ケアにおけるセルフ・ネグレクトについて」
 略歴 日本赤十字看護大学大学院博士後期課程修了。
   看護学博士。東京都板橋区、北区で16年間保健師
   として勤務した後、自治医科大学講師、日本赤十字
   看護大学准教授、帝京大学教授を経て、2015年より
   東邦大学看護学部/大学院看護学研究科教授
 著書 『ルポ ゴミ屋敷に棲む人々 孤立死を呼ぶ「セルフ・ネグレクト」の実態』
    (幻冬舎新書)、『セルフ・ネグレクトの人への支援 ゴミ屋敷・サービス拒
     否・孤立事例への対応と予防』(中央法規)、『セルフ・ネグレクトのアセス
     メントとケア ツールを活用したゴミ屋敷・支援拒否・8050問題への対応』
     (中央法規)他
5 申し込み
QRコード
  グーグルフォームよりお申し込みください。
  https://forms.gle/dceYxB1BB55yyHBZ8
  右のQRコードからもフォームが開きます。    

  案内ちらしはこちらからダウンロードしてください。

6 問合せ先

  一般財団法人 神戸在宅医療・介護推進財団
            地域包括ケア推進室
            担当 浜田  TEL(078)743-8200(代表)


 
 
 
 
 
 
copyright (c)2013 一般財団法人神戸在宅医療・介護推進財団 All Rights Reserved.