各部紹介

看護部

ご挨拶

看護部長
私たち看護部は回復期リハビリ医療チームにおいて、患者さんやご家族に寄り添い、一日も早く望まれるゴールに向かうよう支援しております。
患者さんが主体性を回復し、そのご家族とも向き合い、生活の再構築がはかれるようお手伝いさせていただいております。
そのため、回復期リハビリ病棟看護職としての専門性を高め、生活者として患者さんをとらえる視点をもち、リハビリ医療チームの調整役として看護実践できるよう教育体制も充実しております。
そして、神戸リハビリテーション病院の看護職として誇りをもって日々、患者さん・ご家族に満足していただけるケアを提供できるよう取り組んでいきます。

認定看護管理者 看護部長 茨木ゆかり
 
 

看護部の理念

生活の再構築に向け、患者さん・ご家族のニーズに沿った優しさと温もりのある看護・介護を提供します。


方針

  • 安全で安心なリハビリ看護・介護を提供します。
  • 信頼される看護・介護を提供します。
  • チーム医療・在宅医療を支援します。
  • 看護・介護の実践能力の向上を努めます。


看護体制

2交代制で固定チームナーシング・継続受け持ち制をとっています。
看護師・介護職と協働でケアを実践しています。

研修

その他

院内研究

定期学習会・ケーススタディ・チーム実践発表会など卒後教育を充実させています。
新卒看護師にはプリセプターがマンツー・マンで指導します

院外研究

院外研究

看護協会の研修・リハビリテーション専門研修をはじめ、必要な研修・学会参加など将来、嚥下障害やリハビリ分野の認定看護師の道につながる人材の育成に努めています


新人研修

新人研修状況

ステップ毎の到達目標を設定し現場での実践的な教育訓練(OJT)の他に、院内教育、院外研修を行っています。
看護師研修制度

看護部の活動

<委員会活動>
  • 教育委員会
  • 看護情報 記録委員会
  • 看護ケア検討委員会
  • 認知症ケアチーム
  • その他院内委員会での活動
  • 医療安全、感染対策、職員安全、褥瘡、患者サービス、栄養管理、薬事、医療ガス


看護内容・実践

<看護の内容>
身体障害あるいは慢性疾患を持つ人の機能的能力とライフスタイルの変化に対し
  1. 看護ケアと介入の決定
  2. ケアの実施
  3. 有効性の評価

を行う

<看護の実践>
  1. 患者さん、家族との効果的な人間関係を構築する。
  2. 患者さん1人1人に対して適切なアセスメントデータを収集し看護診断を下す。
  3. 個々のケア、目標到達状況、機能的結果に対するアセスメントを多職種チームで行うためのリーダーとなる。       
  4. フィジカルアセスメント力を向上し、悪化防止と異常の早期発見をする。
  5. 専門職として患者ケアへの質向上へ積極的に取り組む。
  6. 医療チームと共に、患者さん、家族の意思決定を支援する。
  7. 専門職としてチームで在宅復帰支援に取り組む。